最適な不動産物件の探し方を伝授|新生活をスマートに

不動産と権利

男女

土地の売却を考える

借地を相続した時に、相続人がそこにある家に住むとは限りません。住まなくても地代はかかりますし、昨今は空き家対策特別措置法などもあり、そのまま放置しておくのは問題があります。そうした時の対処法として有効なのが、売却です。その際、まず相談すべきなのが地主です。借地は、あくまで「借りている土地」で、土地の所有者の権利を無視することはできません。勝手に売却しようとした場合、契約解除の原因となる可能性もあります。不要なトラブルを避けるためにも、双方の意思疎通は必ず行うようにしましょう。そして、地主も売却の意思がある場合は、次に不動産会社に相談するのが確実です。この時大切なのが、街の不動産屋よりも、借地問題を専門に取り扱う不動産会社に相談することです。借地は一般の不動産とは性質が異なり、手続きも複雑です。詳しくない業者に相談して、話がうまく進まなかったり、結局外部の専門家に外注ということになったりしては逆に面倒が増えます。そういうことのないよう、豊富な実績と専門知識がある不動産会社を探しましょう。相談する際に大切なのが、地主と借地権者、双方の希望をはっきりさせておくことです。片方の主張だけで話を進めたり、意見が食い違ったままにしておくと、トラブルのもとになります。事前に当事者間でよく話し合い、どこは譲れないのか、どこまでなら妥協が可能かという点を、自分だけでなくお互いに把握しておきましょう。借地問題は、地主と借地権者が協力し合うことが、最も重要な解決の早道です。